タッチで続ける健康日誌 株式会社パラマ・テック
運営会社であるパラマ・テックとメハーゲングループのご紹介
「タッチで続ける健康日誌」を運営する「株式会社パラマ・テック」は、
創業以来ヘルスケア領域で活躍を続ける医療機器の専門メーカーです。
 株式会社パラマ・テックについて
パラマ・テック代表深水の写真

代表取締役 深水哲二

「タッチで続ける健康日誌」を運営する株式会社パラマ・テックは、メハーゲングループの一員として、創業以来「明日への健康に奉仕する」をテーマに医療機器専門メーカーとして歩んできました。
特に血圧計、心電計、遠隔での健康・医学管理の分野を強みとしており、自社開発による脈波・コロトコフ音記録計は、世界で初めて血圧測定中の動脈音を記録・描記し、医学界の注目を集めました。

医療費高騰によって医療の更なる効率化が叫ばれるなか、当社は従来通りの医療分野における各種製品に加え、国民一人ひとりが自身の健康管理・増進を図る「セルフメディケーション」分野においても、先進的なソリューションをご提供できるよう取組みを進めて参ります。

> 株式会社パラマ・テック http://www.parama-tech.com/




 メハーゲングループについて
メハーゲングループのロゴ

メハーゲングループは平成4年の設立以来、高度医療機器の販売、医用画像管理システムをはじめとする各種病院情報システムの開発、各種医療機器の開発など、医療分野で様々な事業展開を行ってきました。

患者様の傷病を治す「治療」だけに留まらず、病気やけがを未然に防ぐ「予防」、加療後の再発防止・健康増進を図る「予後」まで含め、あらゆる領域で医療の発展に貢献できるよう、これからも歩みを進めていきます。

メハーゲングループが取り扱う各種商材については、以下のホームページをご覧ください。

> メハーゲングループの製品について http://www.medi-aid.jp/